ファーストリッチ投資顧問の口コミ情報を調べる人たち

悪徳投資顧問会社を見抜く簡単な2つの方法

悪徳投資顧問会社を見抜こうとする男性悪徳投資顧問会社を見抜くためには財務局に申請をしているのか、過去に行政処分を受けていないか調べることが大切です。

投資顧問業をするためには、必ず金融商品取引法に基づいて財務局に申請することが求められており、許可を得ることが義務付けられています。

きちんと申請して許可を得ると一般社団法人日本投資顧問業協会に加入することとなり、「金融商品取引業者の投資助言・代理業者(金商)」を掲げて運営出来るのです。

悪徳業者の場合は申請もせず、団体にも加入しないで無許可で営業していることが多いので注意しましょう。

悪徳業者の中には過去に行政処分を受けているケースもあります。

無許可で営業していた場合だけでなく、詐欺行為や違法な営業活動をしている会社も処分を受けることがあるのです。

過去に問題を起こしている投資顧問会社は悪徳業者の可能性が高いので、その会社はなるべく避けるようにします。

金商の見分け方

金商を掲げている業者なのか調べるときには、まず公式ホームページやパンフレットをチェックします。

きちんと許可を得ている業者の多くはサイトやパンフレットの目立つ場所などに「○○財務局長(金商) 第○号」「一般社団法人日本投資顧問業協会 会員番号○○」などと書かれています。

こういった表記があれば比較的安全性の高い業者として認識して良いですし、反対に何も表記がないサイトは登録をしていないと疑った方が良いです。

表記が無いからと言って悪徳業者だとは言い切れませんが、トラブルに巻き込まれないためにも利用しない方が無難です。

行政処分を受けていないか調べる

過去に行政処分を受けている業者は、各エリアの財務局の公式ホームページなどで調べられます。

関東地方なら関東財務局の、東海地方なら東海の財務局など業者のある地域の財務局のサイトにアクセスして、行政処分を受けたことがある会社ではないか確認するだけです。

またインターネットの検索窓に業者名と行政処分などのキーワードを入力して、今まで問題を起こしていないか見ておきます。

さらに会社名や住所を頻繁に変えたりしていないか、変えていたらその業者が行政処分を受けていないかチェックすることも重要です。

悪徳業者の中には行政処分を受けた事実を隠すために会社名を変えたり、住所や連絡先を変更して顧客に見つからないようにしていることがあります。

口コミサイトなどで情報を集めて、企業名などを変えていたらその会社名で行政処分を受けていないかきちんと調べることが大事です。

関連記事